排卵日を逃さない

6 different pack

昔は妊娠をするためには、ひたすらセックスをして子作りに励む必要がありましたが、現代では排卵日検査薬というものが出てきてからその必要はなくなりました。正直、仕事の疲れもあって毎日セックスをするのが苦になってしまう男性も居ます。疲れがピークに達してセックスを数日休んだら、その日が排卵日だったということだってあり得ます。もしも排卵日を逃してしまったら、また次回に持ち越しです。しかも排卵日検査薬を使っていなければ排卵日が過ぎたことに気付かないので、子作りをするために行っているセックスが徒労であることにも気付きません。そうならない為にも排卵日検査薬を使って計画的な子作りをしていきましょう。
排卵日検査薬は尿から排卵日を報せてくれる黄体形成ホルモンの濃度を調べて、排卵日を予測することが出来ます。無闇に排卵検査薬を使用するのではなく、きちんと適した使い方があるので、それを知って計画的な子作りに活かしていきましょう。
排卵日検査薬は次に来る生理の17日前に使用を開始するのが最適です。生理の14日前が排卵日となりやすいからです。黄体形成ホルモンの濃度が上昇するのが排卵日の24時間から48時間前なので、17日前に排卵日検査薬を使用すれば、最短1回の検査で排卵日を予測することが出来ます。予測が出来たら、その日の内に子作りに励んでおいてください。精子の寿命は3日は持つので、その日の内に精子を中に送り込んでおけば、排卵日が来るとともに受精をさせることが出来ますよ。